四段階注射療法(ジオン注)について

内痔核にジオン注を投与して痔核を硬く固定する治療法です。
ほとんどの症例で数日以内に痔核の脱出が改善し、処置後の出血の心配や傷の痛みがほとんどなく日帰り治療が可能です。
但し、外痔核や切れ痔を合併しているとできない場合があります。また処置後翌日には一度診察を受けて頂き、合併症がおこらないか確認するため間隔をおいて少なくとも3ケ月は通院して頂く必要があります。
img02jion-4-m

filed under: